獣医の仕事、一生懸命がんばります。


by jxxtmcfagh
 事業への投資を持ち掛け、現金をだまし取る被害が増えているとして、警視庁は30日、悪質業者の撲滅と被害拡大防止を図り、「資産形成事犯集中取締本部」(本部長・山下史雄生活安全部長)を設置した。
 同庁生活経済課によると、同本部は160人体制で発足。同種事件の捜査を担当していた同課員60人に加え、他課や機動隊、各警察署などから捜査員を集めた。埼玉、千葉、神奈川、愛知、大阪など15府県警も計二十数人を派遣した。
 全国の警察が昨年摘発した出資法違反、金融商品取引法違反など資産形成事犯の被害者は約5万4000人、被害総額は約1654億2000万円に上る。
 同庁に寄せられる相談や関係省庁からの情報提供は2007年が232件、08年が218件だったが、昨年は372件と急増。今年も昨年を超える水準で推移している。 

【関連ニュース】
出資法事件で逮捕状の邦人拘束=入管法違反容疑
日本IBMが循環取引関与=ニイウスコー粉飾
出資法違反「女相場師」に実刑=高配当うたい主婦ら被害
インサイダーで実質経営者ら起訴=テークスグループ事件
味の素社員に課徴金39万円=審判でインサイダー認定

北九州市長に脅迫状=暴力団関係者か−福岡県警(時事通信)
衆院議員擁立「大いに疑問」=参院京都の候補者選定で−前原国交相(時事通信)
万引で陸自隊員停職(産経新聞)
<雑記帳>「気持ちよく勝たせてあげちゃった」(毎日新聞)
<素敵カラダプロジェクト>ひざ上の肉の落とし方 レッスン第3回(毎日新聞)
[PR]
# by jxxtmcfagh | 2010-04-05 20:21
 東京都の築地市場(中央区)移転計画をめぐり、都議会最大会派の民主党が2010年度中央卸売市場会計当初予算案に、条件付きで賛成を模索していることが25日分かった。豊洲新市場予定地(江東区)への移転に反対していた民主の歩み寄りで、予算案が可決される可能性が出てきた。
 同党幹部によると(1)予定地の汚染除去が確認されるまで用地取得費の執行を停止し、議会の了解なく解除しない(2)築地市場再整備の可能性を早急に検討する−が賛成の条件。
 民主は、知事与党である自民党などと調整しているが、不調に終わった場合は当初予算案から用地取得費を削除した修正案を提案する。 

<鳩山首相>「郵政」閣僚懇での協議を指示(毎日新聞)
<亀井郵政相>仙谷戦略相を批判「郵政問題は1、2周遅れ」(毎日新聞)
「ヤミ専従」強い政治色…第三者委が指摘(読売新聞)
<訃報>鈴木邦一さん87歳=元大東銀行頭取(毎日新聞)
<申告漏れ>EXILE所属の芸能プロが3億円…国税指摘(毎日新聞)
[PR]
# by jxxtmcfagh | 2010-04-01 01:38
 わいせつ事件の示談金などを名目とした振り込め詐欺事件で、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)などに問われた詐欺グループの主犯格で、グループ内で「キング」と呼ばれていた無職戸田雅樹被告(31)の判決が24日、東京地裁であった。

 菱田泰信裁判長は「被告は詐欺の手口ごとにグループを分けて収益を競わせるなど集団を高度に組織化し、主宰者として職業的に犯行を繰り返していた」と述べ、懲役20年(求刑・懲役23年)を言い渡した。

 判決によると、戸田被告は他のメンバーと共謀、2006年5月〜07年4月、東京都や埼玉、岡山県などに住む39人に対し、「息子さんが教職員をしている学校の教頭だが、息子さんが生徒にわいせつな行為をした」などとうそを言い、示談金などの名目で計約1億4690万円をだまし取るなどした。

 この事件では、ほかに20人が起訴され、19人が1審で実刑判決を受けている。戸田被告が統括責任者として頂点に立ち、示談金やアダルトサイトの利用料金など、手口ごとに実行グループが分かれ、各グループに収益を競わせていた。

架線トラブル、全線で運転再開 閉じ込められた乗客は計4700人(産経新聞)
旭山動物園 名誉園長が退任 全国区人気の立役者(毎日新聞)
県内限定の幕の内弁当を試食=熊本〔地域〕(時事通信)
名古屋市議会 減税条例修正案を可決 市長と全面対決に (毎日新聞)
11兆円の追加対策案発表=国民新(時事通信)
[PR]
# by jxxtmcfagh | 2010-03-29 22:27
 皇太子ご一家は24日、静養のため長野新幹線で長野県入りした。ご一家はここ数年、長女愛子さま(8)=学習院初等科2年=の春休みを利用して同県北部に滞在し、スキーを楽しんでいる。

 ご一家は雨の中、午後1時過ぎにJR長野駅前に傘を差しながら姿を見せた。学校生活に不安感があるという愛子さまは、薄いピンクのダウンコートを着て、右手に白いバッグを持っていた。駅頭に集まった人たちに対してにこやかに手を振るご夫妻と一緒に、迎えの車に乗り込んだ。

「名ばかり取締役」解雇無効=組合加入理由は不当−佐賀地裁(時事通信)
小1暴行死、罪名を傷害致死罪に…地検が変更請求(読売新聞)
16社が賃上げ回答=平均694円−連合調べ(時事通信)
差し押さえ逃れで仮登記=「指導」の弁護士、懲戒処分−鹿児島(時事通信)
84歳女性殺される=窒息死か、自宅で発見−兵庫(時事通信)
[PR]
# by jxxtmcfagh | 2010-03-27 15:04
 厚生労働省は3月23日、「新たな治験活性化5カ年計画」に参加するすべての医療機関を集め、「治験中核病院・拠点医療機関等協議会」(会長=矢崎義雄・国立病院機構理事長)の第5回会合を開いた。財源の確保など、5カ年計画終了後の治験体制の維持に向けた課題について意見を交わした。

 現在、55の参加医療機関のうち30医療機関は、治験スタッフの確保や治験業務のIT化などを通じて将来の自立的な運営につなげるため、「治験拠点病院活性化事業」として国から補助金を受けている。しかし、現時点では5年という期限付きで、計画終了後の財源の確保が課題となっている。

 この日、同協議会の楠岡英雄副会長(国立病院機構大阪センター院長)は、厚労省が実施した事前アンケートを基に、5カ年計画終了後の各医療機関の自立に向けた取り組みを紹介した。「CRC(治験コーディネーター)など治験スタッフを常勤ポストとして定数化した」「製造販売後調査支援の導入など人件費確保に向けた仕組みを検討中」などの前向きな回答の一方で、「計画終了後の現状の維持・自立は大変厳しい」との意見もあった。

 その後の各医療機関の代表者による意見交換では、体制整備や維持のための基本的な問題として、「治験スタッフの教育やスキルアップを考える必要がある」「治験に携わる医師のモチベーションの維持やインセンティブの向上を図るべき」などの意見が上がった。

 同協議会は、厚労省の「治験拠点病院活性化事業」や文部科学省の「橋渡し研究支援推進プログラム」などに参加する各医療機関が、治験・臨床研究を効率的・迅速に実施できる体制の整備に向けて意見交換を行う場として、5カ年計画の策定以来、年2回のペースで開催されている。



【関連記事】
治験・臨床研究の活性化に向けてセミナー開催―製薬協
治験活性化検討会、報告案を大筋で了承
「グローバル臨床研究拠点」に北里大と慶大―厚労省
治験5カ年計画、中間見直しの議論スタート
進むか、治験5か年計画

かんぽの宿、「4回以上転売」や「不透明な選定」も 会計検査院指摘(産経新聞)
鶴岡八幡宮 「無事に育って」…移植の大銀杏を一般公開(毎日新聞)
線路にアンテナ投げ込まれる…山手線事故(読売新聞)
最強のB級グルメは? 4月10、11日に栃木市でイベント(産経新聞)
ドラッグストアの売上高、10年連続で増加(医療介護CBニュース)
[PR]
# by jxxtmcfagh | 2010-03-26 03:07